Soshin Web Shop 〜 経営ゲームとは? 〜

経営ゲームとは?

双申株式会社が独自開発した、 短時間で会社経営をシミュレーションできるボードゲームです。
 
ゲームの種類には、 「屋台屋本舗」、「トータルゲーム(TG)シリーズ」 があります。

ゲームを通して「経営」を感覚的に体験し、 その結果を「会計」により数字で確認することができます。

使用用途は以下のような事例があります。
詳細はこちら [活用事例・使い方]


[経営ゲーム初級]黒猫タロウの屋台屋本舗

経営ゲームの初級編です。

経営・会計の基本の要素や関わりを
簡潔に学ぶことができます。
このゲームは2人で同時にプレイできます。

プレイに経営・会計等の知識は不要で、どなたでも 楽しみながら経営を学ぶことができます。


プレイヤーは店長となり、屋台の経営を10日間行います。

屋台では1日ごとに商品を仕入れて、販売します。
仕入れは店長の判断で行い、売れる数はその日毎に違います。
何が売れるかわからない環境で、経営を続けお店を成長させる事がポイントとなります。

屋台屋本舗では、マーケティングや資金繰りなど、
言葉では難しい概念をゲームを通して体験する事ができます。
また、ゲームでは自分のイメージを結果で確かめる事ができ、 試行錯誤しながら経営を考える体験ができることが特徴です。


[経営ゲーム中級〜上級]トータルゲーム

経営ゲームの中級〜上級編です。

トータルゲームは、 二人で行う経営シミュレーションゲームです。
プレイヤー同士が、それぞれの会社の経営者となり、同じ市場ボードを囲み10年間の会社経営を行います。

トータルゲーム(TG)には、

TG-E(中級)、TG-C(上級)TG-J(インストラクター専用)

があります。

(※TG-CはTG-Eとのセット販売のみ取り扱っております。
また、TG-Jについては、正インストラクター専用で一般販売しておりません。)


ゲームボードは、

・プレイヤー自身が経営する「会社」、
・相手プレイヤーの「会社」、
・商売をするための「市場」

で構成され、市場から仕入れ、自社で商品化し、市場に販売するというのが大きな流れです。

それぞれに持ち手番があり、これを交互に消化して 手番がなくなったところで1年分の経営が終了となり、 決算を行います。これを10年分行います。

手番では、仕入、製造、販売の基本的な作業や、 設備投資、人材育成、研究開発等の状況に応じた作業を 実行することができ、 プレイヤーの経営に対する思考を 細かく反映できます。

与えられた10年の時間で、市場の開拓と活性化、そして自社の成長を目的としています。